忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ダブルエージェント」

今回の話って、スパイは一体誰なのか?
に対する「ミスリード」が全体の大きな鍵になっていると思うし、
だからこそラストシーンでの衝撃が大きくなると思うんだけど、








メガトロン、いきなり「ロングアーム」とか言っちゃってるじゃん。


図書館で借りたミステリー小説の1ページ目に、
犯人の名前が書かれていたみたいな、そんな変な感じ。

確かに玩具では盛大にバレ出しちゃってるんだけど、
玩具買ってる奴だけが、視聴者じゃ無いんですよ?


あと地味に気になったのが、バンブルビーがワスプに対して
「同じプロトフォームから生まれた」と言ってたけど、
それだとバンブルビーとワスプは双子、って事にならないかい?
確か原語ではこの部分は、「同じ型から生まれた」だったと思う。
「同じ種類のプロトフォーム」ならまだしも、
「同じプロトフォーム」は、ちょっとどうかと思うですよ。

その辺の設定のすり合わせとか、ちょっと首をかしげる部分が多い回だったなあ。
誰か一人、全体の設定とかをキッチリ監修する立場の人を
置くだけでも、かなり違ってくると思うんだけどねえ。
PR

やあ、ジャパニメイテッドに関して「いいニュース」と「悪いニュース」があるんだ。
どっちから聞きたい?

まあお約束でいいニュースから。
オメガスプリームの声優が、玄田哲章さん。
ロディマスの声優が、石丸博也さんに決まったらしいね!
これはG1通りの配役なので、とても嬉しい限りですよ。
もっともロディマスは、あんまり出番無いんだけれどもね。


悪いニュース。
コンストラクティコンズの登場する、
「Rise of the Constructicons」と「Sari, No One's Home」が、
どうやら放送「されない」模様。
「Nature Calls」みたいに、DVDには収録とかあるかも知れないけど、
その辺りは現段階では不明。

コンストラクティコンズは、シーズン2でもかなり重要なキャラクターなんだけどなあ。
やはりオモチャの出ないキャラは、優先順位が低いのか。
しかしそうなると「A Bridge Too Close」での登場が、
かなり唐突な物になってしまうと思うんだが、どうするんだろう。
そしてまた、シーズン3でのコンストラクティコンズ登場エピソードは、
一体どうするつもりなのやら。


「スィンドルの策略」

今回はまあ比較的まとも…というか、この程度だったら
別にいいんだけれどもねえ…。
しかしそれでもカットはあるわけで。

気になったカット部分と言えば、悪役軍団のチーム名の
「S.U.V.」が、その由来ごと無くなった、って事か。
あれはまあ、スィンドルの変形する車種を受けての事だけど、
解りにくいと言えば解りにくい部分ではあるんだよなあ。

個人的には、こういう悪役がチームを組んだりするのも
カートゥーンでは良くあるネタなので、やはりカットはして欲しくなかったかなあ。
いやそれを言ったら、して欲しいカットなんて有り得ないんだけれどもね。
「増殖する敵」

んー、オリジナル版見てなくて、ジャパニメイテッドだけ見てる人に
聞いてみたいんだけど、今回プロールが最後に
「サムライアーマー」を脱いだのは、どうしてだか解りますか?

例によってシーンカットのせいなんだけど…、
今回のテーマは「力に目を奪われると、もっと大事な物を失う」って事なのさ。
最初グリムロックを捕まえる時に、プロールは鳥の巣が傷つかないようにしていたけど、
実はあれが伏線で、後で二人目のスタースクリームを捕まえる時に、
鳥の巣を落として卵を割ってしまうシーンがあったのね。
それでプロールは、力だけを追い求めていては、ディセプティコンと同じだ、
というとても大事な事に気づいて、そしてあのアーマーを…という流れなわけですよ。
その辺りの経緯がまるごとカットされては、今回のテーマが台無しなんだよな~。

更にラストでプロールは、ロックダウンに「相棒として賞金稼ぎをやろう」と
言われるけど、これを拒否。プロールとロックダウンは似てるようだけど違うんだよ、
という事が説明されて、それがシーズン3にも繋がってくるんだけどね。

やっぱりシーンカットは、百害あって一利無しだなあ。
「視聴率レース!」

やっぱりバンブルビーの、「嘘ついてるよ」ジェスチャーは、
カットされたか。仕方ない気もするけど、でもこういう所で
アメリカの文化に接する事は、決して悪いことでは無いと思うんだがな。
それに前も書いたけど、カットがあって当然、という状況に
慣れてしまうのは、ちょっと危険な気がする。

しかしファンゾーン警部は、本当に不憫だなあ。
出番がどんどん削られていく。この番組に登場する、
数少ないちゃんとした「大人キャラ」なのにねー。
ジャパニメイテッドでは、「Nature Calls」は飛ばされてしまっている、
というのは何度かお伝えしたのですが、なんと
ジャパニメイテッドのDVDのVol.4には「Nature Calls」が
収録される?らしいです。

リンク先の第14話「死を呼ぶ宇宙怪物!」 が、内容と照らし合わせてみても、
それなのでは無いか?と思われます。

またこちらのページの「ニュース」の部分には、
「テレビ未放送 幻のエピソード」という画像が、掲載されております。

ところでカートゥーンネットーワークでの、ジャパニメイテッドの
放送表を見てみると…「#13」の次が「#15」となっていて、「#14」が
実はあるのだよ、という事が見てとれます。
という事は、今後CNのリピート放送などの際に、
この「死を呼ぶ宇宙怪物!」 が放送される事があるかも?
という事なのでしょうか?

更に気になるのは、カットシーンの有無。
カットシーンがあるのは、音仏家があるからなのですが、
DVDにはその音仏家は収録されていない模様。
という事は、わざわざカットをする必要は無いかも知れない?

いずれにせよ、この辺りは続報待ちなのですが、
個人的には、一度放送時間のフォーマットが定まってしまった以上、
それを変更すると言ったことはしないと思うので、
やっぱりカットはあるのでは無いか?と思っております。
「レックガーの暴走」

レックガーの「バーウィップグラーナウィピニボン!」ってセリフは、
「トランスフォーマー ザ・ムービー」でも使われた、すっごい重要なセリフなんだけどなあ。
まさか翻訳スタッフは、それを知らなかった、って事じゃあ無いよね?
あのセリフをレックガーが言う事が、どれだけ深い意味合いを持つのか、
きっちりと理解した上で、別のセリフにしたんだよね?
ただ単純に「意味が解らないからセリフ変えよう」なんて軽い気持ちで
変えたわけじゃ無いよね?
「2010キャンペーン」とかやって盛り上がってる時期なのは、
踏まえた上でやっているんだよね?


後は全体の翻訳のニュアンスが変えられていて、
ラチェットの不機嫌さが、ずいぶんと変えられてしまっていたね。
それ故にクライマックスの、ラチェットのレックガーへ対する
謝罪がすっかり薄くなってしまっているわけなのだけれども。
「爆鎮完了!」

…そもそも「爆鎮完了!」 ってセリフは、前番組の
「レスキューフォース」「レスキューファイアー」での
決め台詞なんだけれどもね。
それじゃあ今回、その番組に出てた人がサービスで
出ていたか?というわけでも無いわけでして。

まあそのなんだ、どうなんだろうねえ。こういうの。

今回もラストがカットされてたなー。
スパイについて触れている、重要な部分なんだけれども…。
「ヘッドマスター、ふたたび!」

センチネルというキャラクターは、アニメイテッドの中でも特に「いいキャラ」だと思うんですよ。
#1にて登場した時には、ほんの数十秒の出番にも関わらず、十分なインパクトと共に、
あの嫌味ったらしい性格を見せ付けてくれた。

しかし次に登場した「Along Came a Spider」では、彼が単純な「嫌な奴」では無くて、
エリータワンの一件があったために、オプティマスに冷たく当たっているのだ、
という事が語られ、視聴者は彼にほんのちょっとだけ感情移入を余儀なくされるのだ。

次に「The Elite Guard」で登場した際には、コメディリリーフの役割も与えられ、
単純な嫌味キャラクターでは無くなってしまっているのだ。
この展開の流れは、本当に上手い。

そして今回の「Return of the Headmaster」である。

今回センチネルは、またしても嫌味キャラクターとしての役割を最大限に発揮しつつ、
随所にてオプティマスに仕返しをくらったりと、見ている方は溜飲を下げる事となる。
それが市長と握手した後の消毒だったり、首だけになったのをオプティマスに見られ、
盛大に笑われてしまうシーンだったりする。


その一番面白いシーンを、カットしちゃってどうするの?


センチネルは確かに嫌味で嫌な奴なんだけれども、なんだかんだでオプティマスを
信頼しているし、オプティマスもセンチネルをほっとけないんだよね。
なんというか、まさに悪友という感じなんだよね。
だから首だけになった時も、オプティマスだけに助けを求めたし
(近くにオプティマスがいたから、という見方も出来るけど、別にジャズを呼んでもいいはず。)、
オプティマスも相手がセンチネルだからこそ、あそこまで自分の感情を
出して大笑いできた、と考えられるんだよね。
カットシーンが多いと、どうしてもそういう細かい心理描写が削られてしまって、
ひとつの作品としては、マイナスにしかならないんだよ。


あとこれは細かい事になるんだろうけど、機会があるならば、今回のエピソードを
原語の英語で聞いてみてください。そしてセンチネルの声を、良く聞き比べてください。
少なくともカートゥーンには、大げさな演技の方が合ってるんですよ。
「エリートガード」

シーンのカットなんか、絶対やってほしくは無いんだけれども、
でも今回どうしてもカットするのなら、ダイノボット達の登場シーンを
カットするべきなんじゃないか?
あそこ、話の本筋とまるで絡んでこないしなー。

サリは最初の社長のシーン出しておかないと、
後のシーンが繋がってこなくなると思うんだー。
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ