忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


大長編ドラの「面白さ」って実は「命がけ」と隣り合わせだから、 
っていう部分が結構あって… 

「恐竜」では何億年も過去に取り残されて 
「宇宙開拓史」では殺人も辞さないガルタイトが相手となって 
「大魔境」ではライオンやワニに食われそうになって 
「鬼岩城」ではスネ夫とジャイアンは途中で実際死にかけて 
「魔界」ではとうとう石にされてしまって 

そういった部分が少なくなっていったのは、結局ドラえもんが 
万能であるからだろうし、またどこかからの無言の圧力みたいな物が 
あったんじゃなかろうか、というのは想像に難くないわけで。 

そうした「命がけの冒険」からどんどん離れていった結果が、 
徹底して傍観者であり続けてきた「創世日記」だし、 
テーマパークでの冒険に終始した「銀河超特急」だったり 
(もちろんクライマックスではさすがに命がけなのだけれども…)。 

そのテーマパーク的な冒険が今回の「博物館」でも顕著であったなあと。 
徹底的に管理された博物館の中での体験は、 
「命がけ」の大冒険とは程遠い物なのだなあ 
(もちろんクライマックスではさすがに…)。 



そして今回気になるのはやはり「ひみつ道具」という物の扱い。 
「ひみつ道具」ってのは未来デパートで売ってる物のはずなんだけど、 
そんなのがなんで博物館におさめられているの? 
なんとかメタル(名前忘れた)が使われているのが「ひみつ道具」なら 
それ以外のものは「ひみつ道具」では無いの? 
未来の人たちは普通に使っている道具なんだから、 
それを「ひみつ道具」というのはおかしくない? 
つーか「ひみつ道具職人」って何よそれ? 

…などなど、とにかく後付設定がこれでもか、と出てきてしまう。 
ドラとのび太の間にもちょっとした後付エピソードがついてきて、 
これはまた後々「いい話」みたいに紹介されちゃうよなー、 
とちょっと辟易としてしまうのもまた事実。 

「ドラえもんズ」としては充分アリなんだけど、 
「ドラえもん」としては、ちょっと困ってしまう。 



でも何が一番困るって 



今回、面白いし出来がいいんだよなー。 
少なくとも声優交代後のオリジナル作品としては、 
間違いなく最高の出来。テンポとか伏線の張り方とか 。
演出は相変わらず過剰だけれど、とにかく面白い出来。 

だからこそ、それらの後付設定の数々に困っちゃうんだよなー。 

もっとも古今東西の息の長い有名キャラクターなんて、 
設定が後から後から付け足されているわけなのだから、 
そこはもうしょうがないのかも知れないし、 
どれだけの後付があろうとも、これだけの作品を作れるようになった、 
という所を喜ぶべきなのかもしれないね。 




でもですね、やっぱり複雑な心境なのですよ。 
片倉陽二描くドラえもんが 
「最高のひみつ道具は…ぼく自身なのです!」 
と言ってるのを、リアルで見たオッサン世代としてはね…。
PR

インドで制作された「忍者ハットリくん」が
日本でも放送される、という事が決定したそうです。

アニマックスにて、5月13日から放送開始だそうです。
http://narinari.com/Nd/20130220631.html

声優は…ハットリくんと獅子丸は同じだけど、
後はさすがにかわってるみたい。しょうがないかー。
以前もちょこっと書いたけど、インド版ハットリくんの続きの話。

実は昨日一昨日と代々木公園で行われたインドフェスティバルで、
インド版ハットリくんが上映されていたそうです。



一瞬だけ映るけど、割りといい感じかな?
少なくとも作画クオリティに関しては、心配は無用という感じでしょうか。

行った人の話では、現在6話12エピソードが制作、放映されてるとのこと。
好評であれば、当初の予定であった26話以上も作られるだろうし、
上手くいけば日本での放送もありうる…?とのこと。

日本でも放送されるといいなー。


ちなみにこれはインドのエアコンCMで使われたハットリくん。
あちらではかなりの人気っぽいですね。



藤子アニメ、インドで制作しアジア市場開拓
テレ朝など、まず「忍者ハットリくん」


以前から藤子ファンの間では、ちょっと話題になっていたんですが、
ここで正式に情報出たみたいですなー。

どうもインドでは「ハットリくん」が大人気らしく、
それで向こうの要望に答えて新作を作る事になった…
ってのが事の発端なんじゃないかと思いますが…。

いずれにせよ、ちょっと面白いかなー、と思ったり。
というわけで待望の「怪物くん」のDVDが発売されました。


いやー、やっぱり懐かしいね!
自分は数ある藤子作品の中で、特に「怪物くん」が大好きなので、
思い入れもまた格別なのであります。

ライナーノートを見て驚いたのですが、怪物くんの制作ってかなり先行してたらしく、
第一話のAパートが制作されたのは、なんと26本目!だったらしいです。
どうりで当時の特集本とかで、やたらと先のエピソードの写真とかが
掲載されていたわけだ!なるほどね~。

しかし声優の野沢雅子さんはやっぱりスゴイ!です。
自分の中では野沢さんは、鬼太郎、えん魔くん、そして怪物くんと、
三大モンスターヒーローの声なんですけれど、改めて聞くと、
ちゃんと全員演じ分けていて、別の声になってるんですよね。これぞプロ!

内輪受けのギャグとかアドリブなんかよりは、こういった方向で声優さんの
実力を堪能したいものでありますなあ。


下巻の発売も楽しみであります。


物くん(シンエイ版)のDVD-BOXの発売が決定しました

…ああ、嬉しいさ。確かに嬉しいんだけれども、
F全集でとにかく資金が必要なこの時期に、
出さないでほしかったよ…。グググ。

しかし最近ドラマになったり、コミックスが出たりと、
やたらとフィーチャーされてたのは、これの伏線だったのかな~と。

怪物くんは、藤子作品の中で一番好きだから、
当然買いますけどね!ええ、買いますとも(涙)!


Fノートが到着いたしました。
Fノートとは、藤子F全集の全巻特典で、F先生のアイデアノートの一部や
未発表の原稿などが収録されてる、マニア垂涎のご本です。

この本が届いた時の自分の顔は、「まんが道」で満賀が
夜中に一人でアメリカの雑誌をニヤケながら読んでいるのと
同じ顔だったに違いない(だから例えがマニアックすぎる)。

んで内容。
初期のアイデアノートの落書きが、すごい線が柔らかくっていいわー。
「ロケットけんちゃん」のあたりとか、最高!
あとネーム(コマ割り)も収録されてるけど、
ノート一枚を8分割して8ページ分のネームにしてる、
って細かすぎるだろ!これ逆にやりにくくない?慣れなのかなあ。

それで「パーマン」の第一話のネームも収録されてるんだけど、
さすがにここは気がつかなかったのか、修正できなかったのか、
「本物のパーにする」が残ってますよ!
しかも「脳細胞破壊銃」じゃなくって「クルパーガン」ですよ!

あと魔美のヌードの鉛筆画スケッチとか、すごいいいし、
ドラえもんの没原稿が最高でした!

「あつさとジャイアンのげんこつでぼくはパーになる」
「それいじょうパーになられちゃたまらない」

先生そんなにクルクルパーが好きだったんですか!

やっぱりこれが「バカ」でも「アホ」でもダメで、
「パー」だから面白いんだよなー。言葉のリズムというか、
子供の持つ残酷な一面をリアルに出しているというか。

というわけで、かなり満足な特典でしたよ。
全巻予約して良かった!という感じ。












しかし!

たった一つだけ、どうしても腑に落ちない部分がある。
それはこのノートの中でA先生、つまり安孫子先生の存在が
まるで「いなかったかのように」触れられていない、という事。
一箇所だけ安孫子先生の名前が出てくる箇所があるけど、
それは「新漫画党」のメンバーの一人として紹介されているだけ。

「藤子不二雄」のペンネームを決める際に使われたと思われる
ノートの一部が出てくるんだけど、そこの説明が

「”藤子不二雄”に解明する際の検討用と思われるメモ。
2人の名前から”弘素”の文字を拾い、転じて”広本”とした候補なども書かれている。」

とあるんだけど、「2人」って誰と誰ですか?
もちろん非常に今更過ぎる事なので、あえて書かなかったとも取れるけど、
普通に考えたら「藤本弘と安孫子素雄の名前から…」とすべき部分じゃないかい?

「二人で一人の藤子不二雄」という部分がすっぽり抜けているというか、
意図的に抜かされているというか、なんだかまるで
「藤子・F・不二雄」という漫画家が最初から一人で活動していたように、扱っている。
でもそれっておかしいじゃん?
A先生の描いた絵とか、一緒に映っている写真が載っていないとかは
別にいいけど、その存在すら完全に無視するのはどうかと思う。
だって少なくとも、ある一時期までは、二人で一人の「藤子不二雄」だったんだから。



「くるパー電波」の件といい、オバQがなかなか復刊されなかった件といい、
なんかこれらの問題って、どうも同じ根っこから出ているような気がするんだよね。
藤子F全集、第四回配本。



「キテレツ大百科」は基本的に、FFランドの段階で
未収録とか全部出たので、特に改まっての感想は無いかなあ。
それでもサイズが大きいので、かなり印象は違うよね。

「パーマン」は、FFにも未収録だった話がチラホラと。
しかし「パーマン」は、改めて読むと結構完成度が高いというか、
実に良質なマンガだなあ、と思わせられる。
今はこういうマンガが少なくなってるからなあ。

「ドラえもん」は…実は今回これが一番スゴイかも。
特に最初の方の、ガチャ子のナンセンスっぷりがスゴイ。
恐竜を連れてくるエピがあったのは知っていたけれど、
そのまま散歩させるなよ!スネ夫も「かっこいい」で済ますなよ!
というか、恐竜の目つきがヤバイ。ヤバすぎる。
ガチャ子大量増殖は、もうナンセンスの極みだな。
そしてやっぱりこれはこれで面白いんだけど、「ドラえもん」じゃ無いよね。

ただ残念なのは、今回待望の収録となった、ガチャ子が登場する
「クルパー電波」のタイトルが「おかしなでんぱ」と
改題されてしまっていたこと。これはちょっと問題だなあ。

これ、問題点がいくつかあるので、簡単にまとめます。

まず最初に、帯や公式サイトでは「クルパー電波」の
タイトルのままになっているという事。
つまり外に書かれてる事と実際に収録されているものが違う、って事になる。
また本来ならその旨を「お断り」として、一枚挟んでおくべきなのだろうけど、
それもやっていない。

次の問題点として、F全集の意義に関わってくる部分。
そもそもF全集が発表になった時に何が嬉しかったかというと、
今まで読めなかった作品が読めるようになり、
かつセリフなども当時のまま、つまり改変などが行われない状態で読める、
という所が嬉しかったわけ。セリフ改変については、明確には
発表されていなかたっと思うけど、公式サイトの収録タイトルリストから、
それは明白だったわけ。何故セリフが改変されていない事が
重要なのかと言うと、それは「F全集が資料である」という事だから。
単純に「ドラえもん」を読みたければ、てんとう虫コミックスを
買えばいいわけだし、むしろ子供達にはそうしてもらいたい。
しかしこの本の厚さで、この値段を取るという事は、
これはもう完全に大人向けの本であり、資料である、という事なんだと思う。
そして資料であるという事はすなわち、
初出の状態を尊重してもらわないといけない、という事。

次にいわゆる「言葉狩り」の問題。
「クルパー電波」が何故改題されたかというと、それはもちろん
「クルクルパー」を想起させるから。いわゆる「キチガイ」だの「土人」だの、
そういうセリフがひたすら改竄させられてしまった時代というのも、
確かにありました。しかしそれは一昔前の話。
最近では、一言注意書きを添えて改竄などはしないケースが増えてきている。

最後に、作者が故人であるという事。
今回の全集では、F先生が自ら行った改定以外は、なるべくそのままにする、
という旨が記載されている。では「クルパー電波」→「おかしなでんぱ」が、
果たしてF先生の意志によるものだったのかというと…ちょっと考えづらい。
何故ならこの話は、雑誌掲載以来単行本などにも一切掲載されていなかったからだ。
意志というのなら「出さない」事が、F先生の意志だったんだろうと思う。
とにかく作者以外の第三者が、作品に対して修正を加えるという事は…
これはもう論外なわけですよ。

ざっとまとめると、こんな感じになるのかな。
大体ですね、どんなにセリフとか改変しても、
今のご時世ちょっとネットで調べれば、元のセリフとか
すぐに見つかってしまうんですよ。そういう時代に、いちいちセリフとか
チェック入れるなんて、ナンセンスだと思うんですよ。

それから「クルクルパー」って言葉、確かに最近ではあまり聞かないけれど、
ある一時期はそれこそ流行語では無いけれど、日常で
割と普通に使う単語だったんですよ。以前高桑慎一郎さんにインタビューした時に、
「秘密探偵クルクルの名前はクルクルパーから取った」と言われてましたが、
それくらいにメジャーな言葉だったわけです。
そういうセリフを排除してしまうという事は、その作品が作られた
時代背景や歴史を一切無視する、愚かな行為だと言ってもいいと思うんですよ。
全ての作品は、それが成立した時代背景や歴史を無視しては成立しないのです。




とまあ、あれこれ書きましたけれども、例えばこれから新しく作られる作品において、
「クルクルパー」だの「キチガイ」だのという単語を使うのは、
ちょっとどうかと思います。ただし全く否定はしません。
また「クルクルパー」だの「キチガイ」だのいう単語を見つけて、
見つけた見つけたと声高に叫ぶのは、結局の所そういう言葉を封印してしまう人と、
全く同じ思考パターンなのだ、という事も理解しています。

自分が願うのはたった一つ、藤子F不二雄先生の作品を、
完全な形で読みたい、という正にその一点に過ぎないのです。
F全集、今月は「ドラえもん」と「キテレツ大百科」「エスパー魔美」。
魔美はカラーページも完全収録とのこと。

とりあえず「ドラえもん」を読む。
うーん、やっぱり初期のドラえもんの狂いっぷりは異常だわ(笑)。
ポケット描き忘れとかしょっちゅうだし。
今回は、いよいよ幻のキャラクターのガチャ子も登場。
なるほど、これは確かに「ドラえもん」という作品には
ふさわしくないキャラクターだわ。むしろオバQ寄りだね。

そして今回最大の収穫は「ペタリぐつとペタリ手ぶくろ」か。
足の不自由な男の子がいるんだけれども、
その子を悲しませないために、家族が家の中を歩かずに、
箱車に乗って移動(!)というものすごいシチュエーション。
しかもラストでは、ドラえもんが
「ぼくらの時代の科学ではなおせない病気なんかないんだ」
と言って、男の子の足をあっさりと治す。 これはどうなんだー(笑)。

キテレツは…脇キャラの設定が、全然固まってないよね。
トンガリが初期は「コンチ」とか呼ばれてたり
(そもそも「コンチ」ってどういう意味だ?)、
「サイボーグキンちゃん」の話に出てくるいじめっ子みたいなのは、
本来だったらブタゴリラの役割であるべきはずなのに、
ブタゴリラじゃないし。
そして雑誌掲載順だから解ったけど、
「一寸ガードマン」の次が「チョーチンおばけ捕物帖」ってのは、
いくらなんでもひどい。ネタかぶりすぎ。
それでも全然違う話にしてしまうのは、流石というか、
途中で気づいて慌てて方向転換したのか。

魔美は、二色カラーページが再現されてるので、
赤毛がとてもいい感じ。
あとやっぱり面白いよね。エピソードのクオリティが高い。


そしてキテレツと魔美の両方に言える事だけど、
新連載予告のウソっぷりがひどすぎる(笑)。
キテレツとか、誰だよお前、って感じ。
魔美はコンポコがキモすぎるよ!
というわけで、今日は藤子F全集の発売日。

ff01.jpg

ff02.jpg

ドラえもんがかなり殺人的な分厚さです(笑)。
ぶっちゃけ、コロコロコミックくらいあります。

内容は、なにより発表順、そしてドラえもんに関しては
学年誌順という配慮が嬉しいし、また未単行本化エピソードなども
入っているので、それだけで嬉しい限り。
ドラえもんの幻の最終回二つが載ってるだけで、大満足。

ただセリフに関しては、特にパーマンなんですが、

バードマン → スーパーマン
時速119キロ → 時速91キロ

と、最初の設定に戻されているにも関わらず、
「正体がバレたら動物にする」だけそのまま。
そこはやっぱり「正体がバレたらパーにする」にしてくれないと!

細かい事は解らないんだけど、どうもパーマンに限っては
かなりセリフが修正くらっている印象を受けます。
言い訳としては「本人が行った修正だから」という事なんだろうけど、
でもちょっとなあ。

あれこれ言いましたが、基本的には満足です。
特に次回はドラえもんにガチャ子登場エピソードも収録されるしね!



09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
 | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ