忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「悲しき生命体」

まあ今回はもともとが、BWファン向けな内容だったので、
ワスピーター役の声優さん連れてくるのはアリだとは思いますが、
それにしても、内容と演技に差がありすぎなんじゃなかろうか。
せめてワスプの時から、同じ人使えば良かったのにねえ。

そしてあのラストシーン。
確かに他にBW声優がいる状況では、セリフを入れたくなるのも解るけど、
でも原語版ではセリフも何も無しで「もしかしたら…?」と
あえて含みをもたせていたんだけどね。それを喋らせたら、色々台無しだと思うの。



上にも書いたけど、BWリスペクトキャラクターに、BW吹き替え声優さん
連れてくるのは、全然アリですよ。むしろどんどんやって欲しいですよ。

ただし

それだったらG1リスペクトキャラクターには、ちゃんとG1吹き替えに
携わった人を連れてきてくださいよと。いやG1だけじゃ無しに、
他の全トランスフォーマーシリーズも含めての話なんだけどさ。
明らかにBWシリーズ「だけ」優遇されすぎだもん。バランスがおかしい。

何度も言うけど、「ビーストウォーズ」だけが「トランスフォーマー」じゃ無いんですよと。
「ビーストウォーズ」は「トランスフォーマー」の一部にすぎないんですよと。



あと気になったのは、オプティマスとセンチネルの揉めているシーンとか、
センチネルがブラックアラクニアに色々ひどい事を言うシーンとかが
カットされてるなー、って事。なんかこう
「いい人でいましょうね」「揉め事は見せないようにしましょうね」
なんて感じのカットの意図を感じてしまう。

その気持ちは解らないでも無いけれど、でもオートボット達が
単純な「正義の味方」じゃなくって、時にはケンカしたり、あれこれ悩んだりして、
それで少しずつ成長していくのが「アニメイテッド」の面白さの一つだと思うんだよなぁ。
PR

「師匠の形見」

ヨケトロン先生は有本欽隆さんか…。
まあ別に不満は無いし、ベテランなのでいい感じなのだが、
しかしどうせ一回こっきりのゲストなんだから、
それこそG1の声優さん連れてくればいいのになー、とか思ってしまう。

加藤精三さんとか、個人的には十分アリだと思う。
でも破壊大帝がサイバトロンの声をやるのに違和感
ある人もいるだろうから、それだったら例えば
阪脩さんとか沢木郁也さんあたりとか。
「忍者」つながりで、シックスショットの池水通洋さんとかでも、
良かったんじゃないだろうか?

まあ贅沢な望みなのだとは思う。
でもビーストウォーズの声優さんばっかりを、躍起にやって呼ぶのであれば、
それくらいのサービスはやってくれてもいいのでは無かろうか??
「ワスプの復讐」

最近吹き替えがおとなしいな、と思ってたら今回はやってくれたな。
ちょっとひどすぎ。そもそもジェットストームの声が合っていないし。

ビーストウォーズ「だけが」トランスフォーマーじゃ無いんだけどなあ…。
「強気なダートボス」

コンストラクティコンズ誕生エピをやらないで、サリの留守番もやらないで、
でもこれは放送してるせいで、なんだか妙な感じになっちゃってるなー。
アイアンハイドとコンストラクティコンズの関係が、完全に置き去りにされちゃってる。
本当はもっと愛憎入り乱れた関係なのにね。




ところでダートボスの声、どっかで聞いた声だと思ったら、
実写トランスフォーマーで、サムのパパをやった人なのね。
そしてビリマンに登場したブギーマンも、この人だったと、始めて気がついた。
「メガトロンの襲来」

あれ?最後の所、サイバトロン星評議会のシーンと
サリが目覚めるシーンって、原語版では逆じゃなかったっけ??
一体どういう意図があるのやら…。

そして前も言ったと思うけど、メガトロンがオプティマスの名前を
呼んじゃってるのがなー。あれ、最後の最後でようやく
「オプティマスプライム!」と叫ぶのが、ライバル認定したみたいで、
すごい燃えるシチュエーションなのに。
「サリ、トランスフォーム!?」

気のせいなのかなー。大きなシーンカットは無くなってきたけど、
その代わり、全体的に細かく細かくカットされてるような気がする。
そこまで細かく見てるわけじゃないけど、どーにも引っかかるんだよなあ。
なんかこう、ジグソーパズルのピースがいくつか足りない状態で、
無理やり完成した!と言われてるような、そんな違和感。


そういえばサリは、原語ではティーンになったらちゃんと大人っぽい声に
なっていたけど、日本語版では特に変わってなかったですね。
まあ中身は子供のままなのだから、そのままでいい、と判断でもしたんでしょうね。きっと。
「サリの秘密」

…とサブタイトルで銘打っておきながら、サリの秘密が明かされる部分や
サリの心情が語られるシーンが、細かく細かくカットされてる、ってどーいうことさね。
やっぱりオモチャ出ないキャラには冷たいのねえ。

そもそもサリの正体がトランスフォーマーである、という事については
第一話の段階から「学校に行っていない」という形で
伏線が張られていたのに、でも日本ではそういったシーンがカットされちゃってるんだよね。

他にもそういうのがいくつかあって、それらのシーンカットや
セリフ改変の影響が、いよいよ少しずつ出てきてるような感じ。


ロディマスは良し。
「強大なる力」

やっぱりコンストラクティコンズ関連は、細かくカットされてるなー。
それでいて、どうやらダートボスエピソードは普通に放送するらしい。
何を考えてるのか、良く解らん。

オメガスプリームに玄田さんを呼んできたのは、素直に評価したいところ。
どうせなら自分を犠牲にするシーンで「犠牲なくして勝利無し」とか
言わせても良かったんじゃないか、とは思うけど。
「それぞれの思惑」

ブラーがあんまり早口に聞こえなかったな…。
もっとも原語版の人は、早口の世界記録保持者だから
致し方ないのだけれども、しかしそう考えると
「2010」での同じ単語を何度も何度も繰り返す、
というのは「早口」を強調するための、アレンジだったのだろうね。


コンストラクティコンズが唐突に見えるのは、全くもって
しょうがないんだけれども、それでも思ったよりも出番が
カットされていなかった事に驚き。
これはアレだな、やっぱりDVDにはコンストラクティコンズの
誕生編とかが収録されるから、そこと最低限の辻褄を合わせた、
って事なのだろうな。もっともそれでテレビだけ見てる人は放置、
ってのはどうかとは思うけれども。

そう考えると初代の政宗ナレーションって、本当偉大だと改めて思うわ。
話をいい方向に持っていくためのアレンジなら、どんどん歓迎したい所なんだけれどもね。





さて今日はイベント。忙しいぞう。
「クモ女の心」

最近ギャグ吹き替えが無くなってきているのは、
素直に嬉しいし、是非ともこの路線を続けてはほしいのだけれども、
それだったら最初っから真面目に吹き替えやってくれてればなあ、
と思ってしまうのもまた事実。
普通こういうのって、最初は真面目にやっておいて、
スタッフが段々解ってくるのに併せて、ギャグを入れたり
するものなんじゃ無いだろうか?と思うけど、どうなんだろう。


ラストでメルトダウンが復活するのか?と期待を匂わせたシーンはカット。
結局メルトダウンは復活しなかったわけだから、あのシーンは
カットされて正解なのかも知れないけれども、でも自分としては
「アニメイテッド」のそういう不完全な部分、失敗した部分も好きだし、
それこそ丸ごとひっくるめて「アニメイテッド」が大好きなのだから、
やはりカットには、そう簡単には賛成できないなあ。
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ