忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ご無沙汰してしまって、スミマセン。超久々の更新です。

先日のハロウィンスペシャルで放送された、
まさかのおくびょうなカーレッジくん新作
「霧にキリキリ舞い」について、追加しておきました。

いやまさか今更カーレッジの新作が作られるとは…。
ついでに新シーズンとか作ってくれるといいなあ。
PR

大長編ドラの「面白さ」って実は「命がけ」と隣り合わせだから、 
っていう部分が結構あって… 

「恐竜」では何億年も過去に取り残されて 
「宇宙開拓史」では殺人も辞さないガルタイトが相手となって 
「大魔境」ではライオンやワニに食われそうになって 
「鬼岩城」ではスネ夫とジャイアンは途中で実際死にかけて 
「魔界」ではとうとう石にされてしまって 

そういった部分が少なくなっていったのは、結局ドラえもんが 
万能であるからだろうし、またどこかからの無言の圧力みたいな物が 
あったんじゃなかろうか、というのは想像に難くないわけで。 

そうした「命がけの冒険」からどんどん離れていった結果が、 
徹底して傍観者であり続けてきた「創世日記」だし、 
テーマパークでの冒険に終始した「銀河超特急」だったり 
(もちろんクライマックスではさすがに命がけなのだけれども…)。 

そのテーマパーク的な冒険が今回の「博物館」でも顕著であったなあと。 
徹底的に管理された博物館の中での体験は、 
「命がけ」の大冒険とは程遠い物なのだなあ 
(もちろんクライマックスではさすがに…)。 



そして今回気になるのはやはり「ひみつ道具」という物の扱い。 
「ひみつ道具」ってのは未来デパートで売ってる物のはずなんだけど、 
そんなのがなんで博物館におさめられているの? 
なんとかメタル(名前忘れた)が使われているのが「ひみつ道具」なら 
それ以外のものは「ひみつ道具」では無いの? 
未来の人たちは普通に使っている道具なんだから、 
それを「ひみつ道具」というのはおかしくない? 
つーか「ひみつ道具職人」って何よそれ? 

…などなど、とにかく後付設定がこれでもか、と出てきてしまう。 
ドラとのび太の間にもちょっとした後付エピソードがついてきて、 
これはまた後々「いい話」みたいに紹介されちゃうよなー、 
とちょっと辟易としてしまうのもまた事実。 

「ドラえもんズ」としては充分アリなんだけど、 
「ドラえもん」としては、ちょっと困ってしまう。 



でも何が一番困るって 



今回、面白いし出来がいいんだよなー。 
少なくとも声優交代後のオリジナル作品としては、 
間違いなく最高の出来。テンポとか伏線の張り方とか 。
演出は相変わらず過剰だけれど、とにかく面白い出来。 

だからこそ、それらの後付設定の数々に困っちゃうんだよなー。 

もっとも古今東西の息の長い有名キャラクターなんて、 
設定が後から後から付け足されているわけなのだから、 
そこはもうしょうがないのかも知れないし、 
どれだけの後付があろうとも、これだけの作品を作れるようになった、 
という所を喜ぶべきなのかもしれないね。 




でもですね、やっぱり複雑な心境なのですよ。 
片倉陽二描くドラえもんが 
「最高のひみつ道具は…ぼく自身なのです!」 
と言ってるのを、リアルで見たオッサン世代としてはね…。
インドで制作された「忍者ハットリくん」が
日本でも放送される、という事が決定したそうです。

アニマックスにて、5月13日から放送開始だそうです。
http://narinari.com/Nd/20130220631.html

声優は…ハットリくんと獅子丸は同じだけど、
後はさすがにかわってるみたい。しょうがないかー。
超久々に更新。
デクスターズラボ、幻のエピソード「RUDE REMOVAL」について追加しました。

…まさかこれが放送されちゃうなんてなあ…。かなり驚き。
そしてやっぱりデクスターはシーズン2の頃が、一番いいね。
「スーパースリー」のフリー、「秘密探偵クルクル」のクルクル、
など多くのカートゥーンキャラクターの声、そして主題歌を担当された、
石川進さんが亡くなられました

石川さんには数年前の「TOONGUIDE5」のインタビューの時に
お会いした事があるのですが、その時に当時と全く変わらない
声だった事に大変驚き、また昔の事を詳細に覚えておられた
その記憶力にただただ驚くばかりでした。

カートゥーンだけでなく、「オバケのQ太郎」や「ど根性ガエル」など、
日本のアニソン史においてもとても重要な方だったと言えます。

合掌。
最近あれこれと忙しかったんですが、ようやく
「モンスターホテル」見てきました。

「デクスターズラボ」や「サムライジャック」の、ゲンディ・タルタコフスキー監督作品…
って、いまさら説明するまでも無いか。

思ったとおり、とてもおもしろかったですよ!
多くの人が感想書いてるとおり、2Dのカートゥーンの動きを、
3DCGにした、という感じでとても懐かしい感じがしました。
カートゥーン好きな人は見て損は無い映画です。

そろそろ上映も終わる頃だろうから、興味持った人は急いで行きましょう!
ジョニー・ブラボーページに、先日のスペシャル
「インドだぜ!ジョニー・ブラボー」を追加しておきました。

約8年ぶりの新作のはずなのに、ジョニーのあのノリを
そのまんま再現してるのって、やっぱりスゴイと思うんだ。
そしてジョニー役の成田さんも、ちゃんとジョニーしてるのがすごい。

あと執事のサルとか、ジョニーとママが一緒に住んでないっぽい?
とか、設定面で気になる所がいくつかあったんだけど、
そこはもしかしたら日本未放映分で語られてるのかもしれないですねえ。
そっちも放送してくれないかなあ。
以前もちょこっと書いたけど、インド版ハットリくんの続きの話。

実は昨日一昨日と代々木公園で行われたインドフェスティバルで、
インド版ハットリくんが上映されていたそうです。



一瞬だけ映るけど、割りといい感じかな?
少なくとも作画クオリティに関しては、心配は無用という感じでしょうか。

行った人の話では、現在6話12エピソードが制作、放映されてるとのこと。
好評であれば、当初の予定であった26話以上も作られるだろうし、
上手くいけば日本での放送もありうる…?とのこと。

日本でも放送されるといいなー。


ちなみにこれはインドのエアコンCMで使われたハットリくん。
あちらではかなりの人気っぽいですね。



『モンスター・ホテル』日本語吹替声優に川島海荷、藤森慎吾、クリス松村を起用

…というニュースがあったのでなんだろう?と思って見たら、
「モンスター・ホテル」ってのは、ゲンディが制作していると話題だった
「ホテル・トランシルヴァニア」の事だったのね。

タレント吹き替えがどうこう以前に、日本でも上映するんだー、
とそっちに驚いてしまったり。



日本CNさん、「Sym-bionic Titan」やるなら今がチャンスですぜ…!

今年の夏コミには「TOONGUIDE」は出ないのですが、
代わりに知人のロヒキアさんの同人誌のレイアウトのお手伝いをいたしました。

4414d8e5.jpeg

「アメコム秘宝Vol.18 未公開アメコミ映画を観る」
あんなアメコミ映画やこんなアメコミ映画のレビューが満載!
「アメコミ映画ってなんだ?」という根源的な問題に
一石を投じる素晴らしい本です。

8/10(金) 西地区 "は" ブロック 21b「WATCERS」で手に入るらしいですよ!

「アメコミ映画」と銘打ってはいますが、実際にはカートゥーンとか
アメコミ関係ない作品の話題も扱っていて、かなりカオスです。ぜひぜひ。
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
次のページ>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ