忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ヘッドマスター、ふたたび!」

センチネルというキャラクターは、アニメイテッドの中でも特に「いいキャラ」だと思うんですよ。
#1にて登場した時には、ほんの数十秒の出番にも関わらず、十分なインパクトと共に、
あの嫌味ったらしい性格を見せ付けてくれた。

しかし次に登場した「Along Came a Spider」では、彼が単純な「嫌な奴」では無くて、
エリータワンの一件があったために、オプティマスに冷たく当たっているのだ、
という事が語られ、視聴者は彼にほんのちょっとだけ感情移入を余儀なくされるのだ。

次に「The Elite Guard」で登場した際には、コメディリリーフの役割も与えられ、
単純な嫌味キャラクターでは無くなってしまっているのだ。
この展開の流れは、本当に上手い。

そして今回の「Return of the Headmaster」である。

今回センチネルは、またしても嫌味キャラクターとしての役割を最大限に発揮しつつ、
随所にてオプティマスに仕返しをくらったりと、見ている方は溜飲を下げる事となる。
それが市長と握手した後の消毒だったり、首だけになったのをオプティマスに見られ、
盛大に笑われてしまうシーンだったりする。


その一番面白いシーンを、カットしちゃってどうするの?


センチネルは確かに嫌味で嫌な奴なんだけれども、なんだかんだでオプティマスを
信頼しているし、オプティマスもセンチネルをほっとけないんだよね。
なんというか、まさに悪友という感じなんだよね。
だから首だけになった時も、オプティマスだけに助けを求めたし
(近くにオプティマスがいたから、という見方も出来るけど、別にジャズを呼んでもいいはず。)、
オプティマスも相手がセンチネルだからこそ、あそこまで自分の感情を
出して大笑いできた、と考えられるんだよね。
カットシーンが多いと、どうしてもそういう細かい心理描写が削られてしまって、
ひとつの作品としては、マイナスにしかならないんだよ。


あとこれは細かい事になるんだろうけど、機会があるならば、今回のエピソードを
原語の英語で聞いてみてください。そしてセンチネルの声を、良く聞き比べてください。
少なくともカートゥーンには、大げさな演技の方が合ってるんですよ。
PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<「Allspark Almanac vol.2」  | HOME |  Transformers Prime>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ