忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今更説明するまでも無い事だろうけど、最近「日本語吹き替え」について、
あれこれと考えさせられる機会が色々とありました。
そこでせっかくなので、過去にTOONGUIDEで
インタビューをした方達のお言葉を、少し引用してみたいと思います。

まずは高桑慎一郎さん。
インタビューは「TOONGUIDE2」に掲載されています。
海外アニメ好きとしては今更説明の必要は無いだろうけど、
今から40年も前に、「チキチキマシン猛レース」
「スカイキッドブラック魔王」「ドラ猫大将」「大魔王シャザーン」
「スーパースリー」「幽霊城のドボチョン一家」など、
多くの海外アニメ吹き替えを手がけられた方です。

落語家やTVタレントなど、声優で無い方を多く吹き替えに起用し、
またそれらの方々によるアドリブを多用した破天荒な吹き替えは、
時には原語のセリフを無視したものとなっています。
そしてそれらは「高桑節」として、今も多くのファンの心に残っています。


役者さんに、原語に無いセリフを喋らせることについて
ああもう当然。絵に口が映ってなけりゃ構わないじゃないか。口が映ってる時はまずいけれど、映ってない時は構わないよって言って。
そしてそれは
アメリカ人が日本に来て見るんじゃないんだから、日本人が見るんだから日本人にウケる物を作ろうという事で。それで始まったんです。絵は変えられないんだから、じゃセリフでどんどん変えてこうよって考えで。
という考えの元にやっていた、と語られています。

しかしこれらのやり方は、今ではもうなかなか出来るものでは無い、
とも言われています。理由の一つとして、
今はもう規制がうるさくってダメだよ。
と、言われています。確かに40年前と現在では
テレビ制作の事情は、あまりにも違いすぎるでしょう。
そしてもう一つの理由として、
面白みが無いよね。喋りにね。
ただねぇ、役者さんが舞台踏んで無いとね、ただくっちゃべってるだけじゃね、面白くない。日曜洋画劇場とか金曜ロードショーとかね、ああいうの見てたってね。だって生活感無いんだもん。生きてるセリフじゃないですよ、みんな。
と役者さんに対して、かなり厳しいご意見も出されております。
あのねぇ。要するに今はっきり言ってディレクターがね、ちゃんとしたダメ出しできないんだよ。芝居知らないから。
芝居知らないから。だから、落語のセリフだけ言ったって面白くないというのと同じでね。生きてないんだよね。心が無いってまで言ったら怒られるかもわかんないけど。生きてない。
口パクを合わせる事は上手くなったよ。でも、ただ合わせるだけでねいいんだったらば、横の物を縦にするだけだったらねぇ、誰でもできちゃうんだよ。少し慣れればね。セリフってのは身体使って喋るからセリフなんでね。
だから、生きてる人が喋ってれば、必ずそこには力が出てくるし、弱みも出てくる。今の声優さんの演技だと、弱みも無いし力も無いし、叫びも無いもんね。
「おはようございます」って言うんだって、言い方によって全然違うはずだ。それもみんな「おはようございます」って言えばいいというだけで、「おはようございます」だけしか言わないんだ。
まあ、かなり言いたい放題ですが(苦笑)、ただしかしその裏には、
自分達のやってきた仕事に対する、絶対の自信と誇りがあるのです。
そうそう。だからあの頃よく言ってたのは「面白くなけりゃ面白くしようよ」って事でね。
「チキチキマシン」なんかは本当、やり終わるとみんな疲れてぐったりしてたもん。特に神山卓三なんかは「もう声が出ねぇや」って言って騒いでた。広川太一郎は大してセリフが無いんだけども、どうにかして目立とうと思ってね、一生懸命やってましたよ。みんなそうやって競い合ってやってたから、面白いものが出来たんじゃないですか。
ケンケンの笑い声なんてのも、向こうのはほんのちょっとしか入ってないです。
それで、スタジオでね、三時間くらい神山卓三と一緒になってやったんですよ。こういう笑いにしよう、ああいう笑いにしよう、こうしようってね。彼もよく頑張ったんだ。
いわゆる「古き良き昭和吹き替え」は、こうした役者さん達とスタッフの切磋琢磨、
そして作品を面白くしてやろう、という熱意、
作品に取り組む厳しい姿勢が生み出した、当時のスタッフの
努力の結晶なのだという事を、忘れてはいけないのです。



吹き替えについての記事、続く…かも知れない。
PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<吹き替えというものは その2  | HOME |  ジャパニメイテッド 7話>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ