忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「フォスターズ・ビデオコンテスト」

動画投稿ネタ。動画ネタと言えば「おもしろウサギは大スター」があるけど、
あれが日本で放送された頃は、まだ「YOUTUBE」も立ち上がったばかりだったんだな。
フォスターズも、随分と長いシリーズになったもんだ。

ひたすらすねるブルーが、ちょっと珍しいか。

しかし改めて言うまでも無いんだろうけど、フォスターズって
結局は子供の「ごっこ遊び」の世界なんだよなあ、と最近改めて実感。
そういう意味では、KNDにつながってくる部分もあるんだろうね。

あくまでも「子供目線」を忘れない作りってのは、本当に大したもんです。

PR

「ブルーのいたずら戦争」

タイトル通りに、ブルーがひたすらにいたずらをするのだけれども、
珍しくやりこまれてしまう話。
舞台がホームでは無くてホテルなのが、ちょっと新鮮かな。

作戦会議のシーンで、カミソリ、ビン、ハタキを
それぞれウィルト、エドゥアルド、ココに見立てるシーンが
あるけれど、こういう「見立て」の感覚がやっぱり格段に優れてると思うなー。

冒頭でホームに巨大な布がかけられていたけれど、
あれは「トランスフォーマーアニメイテッド」の「Along Came a Spider」で、
バルクヘッドが仮装用にかぶってたのと同じだよね。


「ココの大冒険」

ココがホームを出て、ひたすらに大冒険。
有名アーティストになったり、バンドの一員になったり、
とうとう日本の総理大臣になったり。

フォスターズらしい、無茶苦茶な話。
一度走り出すと、ノンストップで止まらないのが、
この番組だからなあ。

劇中で出てきた日本描写も、昔に比べるとずいぶんマシになったもんだ。
それが嬉しくもあり、寂しくもあるのだが。

しかし細かく見ていくと、色々パロディがありそうだ。


「名探偵 ジャッキー・コーンズ」

というわけで、フォスターズ・ホームの新作。
やっぱりフォスターズは面白いなあ。
今回もそうなんだけれども、この「ごっこ遊び」の感覚が、
すごい面白い。

オチは…絶対あいつが犯人だろう!という大方の予測を
裏返しての、いわば番狂わせ的なオチ。
もっともそれも、各キャラクターがしっかり立っているからこそ
出来る事なんだけれどもね。


他所のブログにコメントしている時に、ふと考え込んでしまったんだけど、
イマジナリーフレンドって、「何匹」って数え方でいいのかな?

「何人」だとちょっと違うような気もするけれど、
でも「何匹」ってのもちょっと違和感。
劇中では、どう数えられていたっけ?
マダム・フォスターの事だから、人扱いしているってことで
「何人」になってそうだとは思うんだけど。
さすがに動物っぽいのは、「何匹」とか「何頭」になっているのか?
種類に応じて、数え方を変えているのか?

ちなみに英語だと、そもそも「匹」とか「頭」に相当する
言葉が無いんだよねえ。全部数のみで表してしまう。
つくづく日本語って難しいな。


「ヘリマンはやっぱりヘリマン」

ひさびさのヘリマン主役エピソード。
ヘリマンはマダムのフレンドでありながら、その性格はマダムとは全然違った、
とても真面目なフレンドです。しかし今回はそんなヘリマンが…、
というのが最大の見所。

中盤でブルーがヘリマンを引き連れて、
あちこち遊びまわるシーンは、いかにもカートゥーンらしい、
テンポと面白さに溢れたシーンになっていますよね。


さて「フォスターズ・ホーム」新作も、今日で最後。
追加分は、近日中にアップいたします。

「ホームの歓迎すべき友(フレンド)」

なんか導入部から妙なデジャヴを感じると思ったら、
今回は#47「ホームの招かれざる客」を、別視点つまり
小さいフレンドのピーズの目から見た話なのね。
日本語タイトルは「ホームの招かれざる客」と「ホームの歓迎すべき友」。
英語原題は「The Big Cheese」と「The Little Peas」と、
きちんと対になってるのね。なるほどー。

…しかし、そういうネタを、何故1シーズン以上経ったここでやる?
という疑問は残るなあ。

ところでピーズの日本語声優って、チーズ役の河本邦弘さんかなあ。
なんか声質が似てるような気がしたんだけど、どうだろう。


「エドはヒーロー」

赤ちゃんフレンズの前で嘘をついてしまったエドゥアルドが、
嘘がバレないよう奮闘する話。

赤ちゃんフレンドがいるって事は、フレンドも
やっぱり成長するって事なんだろうね。
その成長の度合いが人間と同じなのか違うのか、
ってのはかなり興味ある所ですな。

緑色で一つ目のフレンド、ジャッキーが
最近妙に活躍してるなあ。
確かに四人組には無いスタンスなので、
使い勝手がいいのかも。


「チケットは誰のもの?」

ロッド・タンゴの新作映画のワールドプレミアムチケットを巡る騒動。
チケット騒動というと、あの傑作「マックのヨーロッパ旅行計画」を
思い出す。あっちが旅行前までのホーム内での騒動が
メインだったのに対して、こっちはプレミアまで行ってしまう、
って部分が肝なのかな。そういえば劇中でも「ヨーロッパ旅行云々」
ってセリフがありますね。

劇中で出てくるロッド・タンゴって俳優が
どんな位置づけなのか、で面白さが変わってくる話かなー。
一応下積みでしょーもない脇役とかもやってるみたいだけど、
現実には誰くらいのスタンスなんだろう。


「友情の危機」

相変わらず自分の欲望に忠実に生きてるブルーとか、
久々に砂糖中毒で暴れまわるマックとか、
色々見所は多かったんだけれども、それでもやっぱり
クライマックスでの「アレ」の再登場には
びっくりしましたわ。いやー、やられた。

なんか今シーズンは、原点に戻ったかのように
マックとブルー絡みのエピソードが多いよね。

あとダッチスが、珍しくいい味出してましたね。

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ