忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「メガトロンの復活 パート2」

「トランスフォーマーアニメイテッド」という作品は、
ここ数年のカートゥーンの中でも、かなり上位に入る面白さだと思う。
もちろん、自分がトランスフォーマー好きだから、ってのもあるだろうけど。

いや更に言えば、カートゥーンすなわち海外アニメ自体が
この数年、十数年でグングンと面白くなってきているのです。
だからこそ、自分はカートゥーンにハマったわけだし。

しかし世間一般のカートゥーンへのイメージは、未だに
「幼稚」「ストーリー性が無い」「キャラクターが受け付けない」
などというものばかりです。

しかしその評価は、完全に過去の物なんですよ。
確かにアニメイテッドのキャラクターは、アゴが大きかったりと
ちょっと独特だとは思うけど、でも実際動いている所を見ると、
彼らが実に活き活きと画面内で動き回っているのが、解ると思います。
またストーリーにしても、ここまで「ジャパニメイテッド」を
見てきたのならば、決して単純かつ幼稚なエピソードばかりでは無い、
というのは説明するまでも無いと思います。

自分は日本人のカートゥーンに対する、古めかしい評価を
改めてもらうきっかけとして、「アニメイテッド」が
かなり大きな役に立つのでは無いかなあ、とずっと期待していたのです。

だからこそ、ストーリーをカットしてほしくないし、
本編とは関係ない、くだらないギャグを入れた吹き替えなんて、
可能な限りはしてほしくなかった。
それは作品としての「質」を下げる事に繋がるし、
オリジナルスタッフが「見せたかった物」を、誤解して
伝えてしまう原因にもなってしまうからだ。
そしてそれは、カートゥーンへの間違った評価が
続いてしまう事の原因にもなり得るのです。

「アニメイテッド」のシーズン1は、とにかく傑作揃いで、
単体エピソードとしてのクオリティも高いけれど、いくつもの
伏線がクライマックスに向けて収束していく様は、
とにかく「スゴイ」の一言なのです。

「ジャパニメイテッド」を見て、興味を持った人には、
是非オリジナルの「アニメイテッド」も見て欲しい。
その方がオリジナルスタッフの表現したかった事を、
より多く受け止める事が出来るからです。



今回の「ジャパニメイテッド」だけど、確かにクライマックスで
主題歌を流すのは燃える演出だと思う。思うけれど、
その演出方法はあくまでも「ジャパニメーション」としての演出なのです。
あくまでも「カートゥーン」としての「アニメイテッド」に
こだわっている自分にとっては、素直に喜べない演出である
という事も、また事実なのであります。
PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<「トイストーリー3」 ネタバレあり  | HOME |  ジャパニメイテッド 14話>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ