忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「魔法使いとモールディバット卿」

ハリポタパロディの、ナイジェル・プランターエピ。
ナイジェル絡みは、どれも微妙ではある。
でもトードブラット校長を「以前と変わった?」と言ったのは、
映画ハリポタの、ダンブルドア校長の役者が変わったのを
受けてのネタだよね。細かいなあ。


「無限大マンディ」

新作は明日で最終回だけど、それはスペシャル枠。
またKNDとのクロスオーバーや、アーウィン達のハロウィンエピも
あるらしいけど、逆に言うと普通のビリマンは、
これが最終回って事なのかな。
そう考えると、グリムがマンディを始末しようとしたり、
それが上手く言って、最終的にマンディが別次元に飛ばされたり、
また懐かしのミスター・スナグルスが出てきたりと、
確かに最終回っぽい演出が多くみうけられますなー。

とにかく新シーズンも、明日がラスト!
PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

米CNでのエピ順

お久しぶりです。

さて、ビリマンのエピ順についてですが、米CNでのビリマン通常エピの最終回はこれではなく、「アーウィンの秘密」の回のようです。
つまりに米でのエピ順は、#76→#77→#75という事になります。
このようにずれてしまった原因は、movie枠だった「スパイダークイーンの怒り(原題:Wrath of the Spider Queen)」を通常エピの中に入れたからかと。
なんだか、結局ずっとこの順のままになりそうで、ちょっと心配です。

無題

どうもそうらしいですね。
それでも自分はやっぱり、今回が最終回なのかな、
と思ってます。

理由としては「ミスター・スナグルスが出てくるから」。
スナグルスは、ビリマンの第一話に登場して、
グリムとビリー&マンディが知り合うきっかけとなった、
重要なキャラクターです。
でもその後はあまり登場シーンに恵まれませんでしたが、
今回は結構目立った活躍をしています。
これは第一話と最終回で、同じキャラを登場させよう、
というスタッフの配慮なのだと受け取る事が出来ます。

またアメリカの放送順なのですが、そもそもこれ自体が
間違っている、という事もしばしばあります。
「制作順≠放送順」であり「放送順≠エピソードの順番」
なのです。ここがややこしい所です。
比較的ストーリーの順番がわかり易いKNDでさえ、
そういう事がしばしばあります。

例えば「KND」の75話と76話は、アメリカでは
逆の順番で放送されましたが、エピソードの順番としては、
日本の方が正しいように思えます。

特に明確なストーリーの繋がりがうすいビリマンでは、
順番の違いをハッキリさせるのは、
なかなか難しい問題です。
ただ自分としては、上記の理由から
「無限大マンディ」が、一応のラストエピソードなのだと
考えております。
TRACKBACK
Trackback URL:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<イマジナリーフレンドの数え方  | HOME |  ビリー&マンディ #76>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ