忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ダイノボット誕生!」

実はやるんじゃないかなー、と思っていたんだよな。
グリムロックの声優に、ビーストウォーズで
ダイノボット役だった藤原啓治さんを連れてくるのって。
でもグリムロックとダイノボットは、同じ恐竜ロボットだけど別人なんだよね。

G1グリムロックの口癖である「オレ、グリムロック」も数回しか言わず、
最終的には「オレはグリムロック、ダー!」と、ビーストダイノボットが
中途半端に混じった、変なアレンジになっちゃってるし。
別に声優が藤原さんでもいいんだけど、「ダー」とか言わせずに、
「オレ、グリムロック」だけ言わせてくれればいいのに。

サウンドウェーブにしろアーシーにしろ、G1オマージュキャラクターは、
そのほとんどが当時の声優さん呼ばれてないんだよね。
まあ予算の都合とか、色々あるんでしょうね。きっと。
他のビーストとかマイクロン三部作に出た声優さんは、
いっぱい呼んでいるんだけれども。


サムダック博士がメガトロンの存在を、オートボットに言わない事について、
やっと理由が語られたけど、これも今までのカットやらセリフ改変などが
影響して、かなり印象薄くなってきてしまってるよね。

本来の流れとしては、まず第3話「オールスパークの秘密」の最後で、
サムダック博士がメガトロンを解析してロボット技術を
作り上げた事を、オートボット達に言えず苦悩するシーンってのがあります。
この時点ではメガトロンはまだ機能停止状態で、かつ
サムダック博士もメガトロンがディセプティコンである事は知りません。

そしてここで順番が違ってくるんだけど、第6話「不死身のメガトロン」
(本来は#4に相当するエピソード)の冒頭で、偶然得たサリの鍵の力で
メガトロンが覚醒。自分の置かれた状況を知る、というシーンが描かれます。

その次が今回の第8話「ダイノボット誕生!」で、あちらでは#6にあたる部分。
ここでメガトロンは、自分が覚醒してる事をサムダックに明かし、
更に自分がディセプティコンである事を隠して、サムダックに
自らのボディを作らせようと企むわけです。
その際の「自分はオートボットの仲間だけれど、まだ彼らの前には出たくない」云々は、
一応今日のエピソードでも、触れられてました。

第4話「音波大作戦」ですでにメガトロンは動いていたけれど、
これは本来は#10に相当するエピソードで、今回のグリムロック達の事が
あったから、メガトロンはサウンドウェーブを作ったのです。
ちゃんとした流れはあるのですよ。
決してサムダック博士とメガトロン博士が、
一緒になって悪巧みをしてる、ってわけじゃないのです。
どうも、そういう誤解をしてる人が結構いるみたいなんだよな~。



今回あえて良かった所をあげるとすれば、原語ではセリフが無かった、
スナールとスワープにセリフがあった事かな。
もっともただ自分の名前を叫んでいただけなんだけれども。

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<ジャパニメイテッドは全42話?  | HOME |  吹き替えというものは その2>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ