忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「Decepticon Air」

【あらすじ】
デストロン達を捕らえ、意気揚々とセイバートロンへ帰るセンチネル。
しかしふとしたはずみで、デストロン達が脱走。
センチネル達は逆に捕らえられてしまった。
その危機を察知したコンボイは、スペースブリッジを使い、
センチネル達の乗っている宇宙船へと、ワープしてくるのであった。

【解説】
捕まったデストロン達総登場!なお話。
コンボイのリーダーっぷりが見所でしょうか。
また劇中でスウィンドルがサンストームとラムジェットに
渡すヘッドパーツは、もちろん初代を意識したものです。
PR

「Human Error」

【あらすじ】
クリスマスの日、コンボイ達は不思議な事に人間となってしまった。
慣れない人間の体に戸惑うコンボイ達であったが、
それはサウンドウェーブの見せた幻影であった。
更にサウンドウェーブはコンボイ達を洗脳すると、自らの手先としてしまった。
その企みを防ぐべく、サリはミックスマスター、スナール、レックガー達と共に、
サウンドウェーブに戦いを挑むのであったが、
そんなサリ達の前に現れたのは操られたコンボイ達だった。

【解説】
サウンドウェーブ再登場。
トランスフォーマーが人間になる!という事で、「2010」の
「人間トランスフォーマー」を彷彿とさせますが、
さすがに今回は夢オチ。しかしそれだけでは終わらずに、
サリ軍団対コンボイ達、と繋がるのが見所。
「Predacons Rising」

【あらすじ】
コンボイ達に捕まらんとするワスプを救ったのは、ブラックウィドーであった。
バンブルへの復讐に燃えるワスプを仲間にしようと企んでいたのだ。
彼女はメルトダウンの研究施設にてワスプとハチを合成させると、
ワスプはワスピーターとなってしまう。そこへセンチネル達がやってくるのであったが…。

【解説】
ワスプ再び。そしてワスピーターへと変化します。
見所は、センチネルとブラックウィドー=エリータワンの再会か。
なんだけれども…あのセリフは無いよなあ。
「Five Servos of Doom」

【あらすじ】
エリートガードと協力し、地球のデストロン逮捕を進めるコンボイ達。
一人で次々とデストロンを捕獲するセンチネルであったが、
そんな彼にプロールは疑念を抱く。そしてセンチネルの影にいる人物に、
亡くなったはずの師匠と同じ兜を発見し、大いに驚く。
そしてその影にいたものこそ、賞金稼ぎのロックダウンであったのだ。

【解説】
シーズン2で登場した、サムライプロール再び。そしてプロールと
ロックダウンの意外な因縁が語られます。

…しかし、プロールはすでにサムライアーマーの兜を
見ているはずなのに、何故今更この反応なのか?
というのはかなり引っかかる所。一応細かいデザインが違っているのですが…。
「Where is Thy Sting?」

【あらすじ】
スパイの嫌疑をかけられていたワスプが脱走し、
バンブルに復讐するために地球にやってきた。
彼はバンブルと体色を交換すると、バンブルに全ての罪をかぶせるのであった。
そしてバンブルは、ワスプを捕まえにやってきたエリートガードに
追われる事となってしまうのであった。

【解説】
#22でスパイとして投獄、脱走したワスプがいよいよ地球へ。
バンブルとの因縁が見物であります。
そしてエリートガードも再登場。新キャラのジェットファイアーとジェットストームは、
サイバトロンには珍しい、飛行機型のトランスフォーマーであります。
「Three's a Crowd」

【あらすじ】
ヘッドマスターユニットとオールスパークの欠片の力により、
新たなトランスフォーマー、ダートボスが誕生する。
彼はどんな機械も操ってしまう能力でビルドロンを、そしてバルクヘッドを配下に従え、
町中のオイルを手に入れようと暴れるのであった。

【解説】
ビルドロンの新しい仲間、ダートボス登場。
これでいよいよ合体か?と期待してしまうんだけれども…。
またデストロンの残党が、あちこちで活動している、というのも語られます。
「TransWarped」

【あらすじ】
潜伏していたデストロン軍団が、一斉に武装蜂起を始めた。
不意を突かれたセイバートロン星のサイバトロンは不利な状況に陥ってしまう。
しかし肝心のメガトロンが行方不明のため、計画は未遂に終わってしまう。
メガトロンは、首だけになったスタースクリームと共に宇宙を彷徨っていた。
同じく漂流してきたオメガスプリームを乗っ取ると、地球へ向けてワープを始めるのであった。
地球では、サリが本当はトランスフォーマー達の仲間であった事が判明する。
「鍵」の力により成長したサリであったが、力を持て余し暴走を始めてしまう。
サリの暴走を食い止めたコンボイ達であったが、
そこへメガトロンがオメガスプリームと共に出現してしまう。

【解説】
シーズン3のスタート。お話はシーズン2ラストから、直接つながります。
見所はなんといっても、10人以上出てくる新キャラクター。
あんなキャラやこんなキャラが、アニメイテッド風にアレンジされております。

そして衝撃のサリの正体と、オメガスプリームとラチェットの過去など、とにかく盛りだくさん。
現在アメリカのサンディエゴでは、コミコンが行われているんですが、
そこでアニメイテッドのトイの最新情報が公開されました。

以前から情報のあった、アーシー、ロディマス、
セイバートロンラチェット、アイアンハイド、ワスプ、
ゴルファイアグリムロック、ハイドロダイブバンブルビー、
ブラックアウト、ウイングブレードオプティマス、などの
画像が見られます。とりあえずこれらについては
発売はされる、って事でいいんでしょうね。

あとムービーのラインで、アニメイテッドのキャラだった
ロックダウンが出るようですが、これがかなりカッコイイ!
こちらも気になる所であります。
かなり想像入ってますので、まずはそこをご理解ください。

さて「Transformers Animated」ですが、日本放映になった場合、
まず地上波でやるのは確実だと思います。
何故かと言うと、玩具販売の絡みがあるからです。
最悪、CNでは放送しないかもしれない。それは覚悟しておいた方がいいかも。
(もしかしたらアニマックスとか、他のアニメチャンネルでやる可能性はあるかもだけど)

そして昨日今日と東京おもちゃショーをやっているわけだけれども、
そこでは10月11月のタカトミの発売予定が出てきています。
しかしざっと見る限り、アニメイテッドの発売予定はありません。
って事は、秋放送開始は絶対ありえません。
(この手のネタバレが一番早いのって、実は玩具関連情報なんですよね)

そうなると、早くて来年早々くらいになると思います。
実際いつまでもリベンジで引っ張るわけにもいかないし、
ヘケヘケのネタも無いだろうから、その辺りが一番現実的かなと。
ただし、あくまでも「早くて」の話。


次の問題は放送枠だけど…ヤッターマンが年内一杯くらいで
終わるっぽいんですよね。あそこタカトミ枠だから、
入れ替わりになると面白い。すごい面白い。
戦隊とライダーの直前に入れれば、すごい面白いと思う。

さんざん言われてる絵柄の問題も、
ヤッターマンの後なら、さほど違和感無いし、
なにより2010年に日テレにTFが帰ってくる!となったら、
それだけで話題性は十分だと思うんだよねー。
全39回の放送としても、改変期で放送無かったり、
総集編とか入れれば、一年はばっちり放送できるんじゃないだろうか?


とまあ、あくまでも想像にすぎません。
実際どうなるのかな??
スーフェス戦利品、続いてはコンボイのセイバートロンモード。

コンボイ
このシリーズでは、かなり早い段階にリリースされていたんだけど、
買ってなかったんですよ。でも気が付いたらいつの間にか、
どこの店からも無くなっていたので、慌てて購入しました。

コンボイ
思ってたよりも、かなりいい感じです。
独特のカートゥーン体型を、しっかりと再現しているのが、
やっぱりポイント高いですなあ。

コンボイ
こんな事なら、もっと早く買っておくんだったー。

コンボイ
対決セットの、地球モードコンボイと。
スタイルはほぼ一緒なんですが、変形パターンが、
細かいところで違っていて、そこがなんか設計思想の
違いみたいなのが現れているようで、興味深いです。

そしてこうして見ると、対決セットのコンボイは
色とかが初代コンボイに近く作られているんだなー。
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ