忍者ブログ

カートゥーン横丁ブログ

カートゥーンネットワークファンサイト、 「カートゥーン横丁」管理人LOUのブログ。 カートゥーンの事とか、トランスフォーマーとか色々。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


というわけでジャパニメイテッド放映まで、一週間となりました。
ここらで自分のスタンスを、明確にしておこうかなと。
実際放映してみないと正確な評価は下せないけれど、
でも放映前だからこそ解る部分もあるわけです。


まず色々言われてるけど、吹き替えに関しては
別にアドリブが入ろうが構わないです。
海外アニメ吹き替えの歴史は、ある意味アドリブの歴史でも
あるので、そこを否定すると高桑慎一郎吹き替えや、
カーレッジくんも否定しないといけなくなる。

設定とか一部変更したり、本編を編集するのも、エピソードの順番変えるのも
初代トランスフォーマーからやってるわけで、それ自体も別に構わないです。

キャラクターの名前変更も、同様の理由で仕方ない部分ではあります。
ただ「アイアンハイド」は本編に別に出てくるキャラクターなんだから、
それをバルクヘッドにつけてしまうのは、ちょっと問題があると思う。

ただしそれらの編集をやるなら「トランスフォーマー アニメイテッド」では無く、
別の邦訳タイトルをつけてやって欲しかった。
それこそ「トランスフォーマー変形大作戦」とかでも構わない。
そうしないと日本で「アニメイテッド」と言った場合、混乱が起きてしまうのですよ。
「アニメイテッドのアイアンハイドが…」と言った時、これはどっちの誰なのか?


だから自分は、あえて「ジャパニメイテッド」と呼ぶのです。


続いて玩具も絡んだ話。
まず作品のロゴが、映画版に準拠したロゴになってるけど、
これは正直どうかと思う。アニメイテッドのポップな絵柄に、
映画のロゴは合わない。絶対に合わない。まずそこから方向性がずれている。

そして玩具のパッケージには、アニメイテッドのイラストでは無くて、
玩具写真が使われている。これはかなりのマイナスだと思う。
アニメイテッド玩具の最大の魅力って、あのアニメ絵が
ほぼ忠実に立体化されてかつ変形もする、という部分だと思うのですよ。
なのであのイラストが無いと、その辺りの感動がイマイチ伝わってこない。

同様に色も、アニメ設定に忠実であるべきだと思う。
あのメタリックカラーは、ただの玩具として見ればまあアリだろうけど、
アニメイテッドとして見た場合、マイナスだと思わざるを得ない。

その辺りに、タカトミのジャパニメイテッドに対する戦略の、
チグハグさが透けて見えてしまうんだよなあ。



とりあえず以上が、現状の自分の思う所であります。
そして結局これらのことは、自分がアニメイテッドを
「トランスフォーマー」としてでは無く、「海外アニメ」として
見ているからこそ出てくる事なのだなと、改めて思うのであります。

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
LOU
性別:
男性
自己紹介:
カートゥーンネットワークファンサイト「カートゥーン横丁」管理人。
カートゥーン(海外アニメ)大好き。トランスフォーマーも大好き。特撮とかも好き。TVゲームとかも結構好き。
<<ジャパニメイテッド 第1話  | HOME |  フィギュア王 No.146>>
Copyright ©  -- カートゥーン横丁ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ